Wednesday, September 16, 2015

M君の日記:赤い羽根 part 2.

秋田県社会福祉会館へと車を走らせ無事到着。挨拶をかわし担当者に話をした…内容はふらっとのカフェ運営に赤い羽根の援助を受けることが出来ないか?という話しである。
この時いろいろ話しをしたと思う…赤い羽根担当者に言われた、お金ないんでしょ?とストレートに言われたのがなんだか悔しかった。
それと助成を受ける場合、審査があるという話をこのとき知った。審査ではこのような話しの仕方、アピールの仕方が良いのではないかとアドバイスを頂き、話しは終了。
帰りは夜ご飯を食べにすき家へ行った。Kさんがおごってくれたのが嬉しかった。
最初はRさんオススメの美味い中華料理屋があるという事でそちらの方へ行くつもりだったのだが、お店が探しても見つからない…どうやら閉店したようである。
残念だったけど仕方ない、それですき家へと行く事になったのである。
数日後、いよいよ赤い羽根の申請書の作成に入る。
このときはまだ大変な日々が待っているとは知る由もなかった…。



No comments:

Post a Comment