Wednesday, November 30, 2016

長野学会の旅記録 ① 発表の前









旅の初日: 今日は移動の日。

朝は雪。
9時15分の電車ですが、皆8時ちょっと秋田駅に揃っていた。



新潟経由。新潟で昼休み~













バスを待っている間に万代橋に見学に行った。




















長野に着いたら夜7時過ぎ。夕食が付いているので、うれしいプランです。(^ ^)





旅の二日目:学会参加登録


学会の初めの日、朝早めに行った。いろいろまだ準備できていない気がする。

自分の感想ですが、

長野の学会に来て、皆さんが優しいですが、私の中ではどこか心の弦を固く張っている気がする。初めてふらっとのメンバーと一緒に旅することもあるし、初めてのひきこもりの当事者が自ら企画している自主プログラムをこれから実行することもあり、気を使い緊張しています。「当事者スタッフと来場者の語り合う場」か、どうなるんだろう?どんな人が来てくれるんだろう?自分の気持ちうまく伝えられるかなあ?すべては明日の発表の本番にならないとわからないですが、どうしても何度も何度も思案して、頭の中から離れなかった。神様の両手にすべてゆだねる気持ちで、頑張っていきたいと思います。


メンバーたちも旅の疲れ、人混み中にいるの疲れがあるかもしれない。けど、今晩の打ち合わせでJ君がこう言いました。人と一緒に活動する、一緒にご飯をする、嫌ではないと気づきました。その言葉を聞いて、私はうれしかった。F君は学会まだ終わっていないし、どうなるかわからないですが、今回は皆一緒に行動するのことで、ここに来られて、こういうチャンスはいろいろ意味でも勉強になったと言った。そう思ってくれるとありがたいですね~(^^♪ F君が続けて、明日の発表で自分が何を話していくか、今も整理していると言いました。F君は自分で気づいていないかもしれませんが、そのことを話していた彼の顔はわくわく、楽しみにしている顔でした。小心の私はKちゃんと同じく、当事者の参加者少ないのではないかと気になってた。Iちゃんは、何んとなかるでしょう、自主プログラムに参加する人数が多いとそれでいいし、あまりいなくても、ふらっとの今までの通りで、90分の語り合いはあっという間じゃないですかと言った。Iちゃんその当たり前の顔を見て、すごいなあと思った。

No comments:

Post a Comment