Tuesday, December 13, 2016

ラジオ「きく・こまち」記録

NHKのラジオ番組「きく・こまち」で放送されたロザリンさんのインタビューを文字に起こしてみました。
聞き手の藤重さんは以前からこちらに何度か来てくれていました。ハンサムでギターが上手なヤングマンです。"ニュースこまち"などに時々出ているのでご存知の人もいると思います。声や話し方が落ち着いていて聞き心地が良いし、インタビューも上手でした。
ロザリンさんは少し緊張しているようでしたね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


藤重:3年前に大仙市大曲でNPOを立ち上げましたよね。どうして大仙市でNPOを立ち             上げようと思ったんですか?

ロザ:秋田のひきこもりについて関心があったというか、ひきこもり傾向があるその一
   の友だち…友だちになって、その方と。まあ、とりあえずニーズがあるとこが
   かって、住みながら少しづつ模索していこうかなと、そう思ったんですけも。

藤重:その秋田のひきこもりの皆さんにたくさん触れる中で、秋田ってどうして引きこ
           もってしまうのか、その特徴って何か見えてきましたか?

ロザ:世間体が強いところが一つですね。そして、職場が無いところもありますね。  
   場所が狭いのと、人が少ないのと、どっちでも浮いてしまうので、人と違ってくる
   と。浮いてしまうとやっぱり動きづらいので、日本人の中では。それで引きこもっ
   てる人も多いじゃないかな。でも多分昔は農業の手伝いがあって、いくら人としゃ
   べれなくても、いくら学校に行かなくても家の仕事を手伝うことできるので。社会
   が変わっていったんじゃないですか。もうそういう簡単に仕事できるの現場じゃな
   いし、だから人とかわっていくと、まずある程度のとこみださないとそういうとこ
   ろまでいけない。

藤重:ある程度何かを積み上げないと人と関わって一緒に働いていくなど同じようなこ
   とができないと。

ロザ:そうそうそうそう。昔と全然違うんですよね。

藤重:で、そういう秋田の地域の特徴などを見た中で、今ロザリンさんはご自宅をNPO
   場所としてらっしゃいますよね。ご自宅の一階を「ふらっと」と名付けて24時間
   ひきこもりがいつでも訪れられる。これに行きついたのはどういう思いからなんで
   すか。

ロザ:出たいけどでもどこに出るか、どこに行くか、行って何をするか、そこ困ってるか
   ら居場所がないじゃないですか。家以外は。引きこもっていると時間の感覚が薄
   くなりますので、外に出たいという、ここに行ってみたいという瞬間の衝動性をつ
   かまって(つかまえて)、いつでもいいよって安心できる、行きたいであれば行け
   るという安心感がまず最初はつけていく。

藤重:ふらっとの特徴というのは“ふらっと”という言葉にもありますけれども同じ目線
   という意味があるそうですよね。それはどういうことなんですか?

ロザ:スタッフの側もひきこもり当事者なので、だからそのひきこもりの人の今経験して
   ること、まだふらっとに入ってきて間もなくの感覚と、同じじゃないけれども共
   しやすい。

藤重:参加者にとって、ひきこもり当事者がスタッフだとどう良いんですか?

ロザ:だから自分の何を証明するではないという気持ちになるから。上目線に何をそって
   いく必要がない。だってわたしと同じの人だもん。

藤重:自分と同じひきこもり当事者だから恰好つける必要はないし、お互い共感して分か
   り合ってるということですか?

ロザ:そうですね。自分の今の自分をその場で過ごしていくことは、first stepだと思うん
   んですよね。

藤重:第一のステップ。

ロザ:そうそう。で、それはとても大事なステップで。

藤重:ふらっとの中で少しづつ外の皆さんと交流できるようになった後は、ふらっとの外
   の町の皆さんとの交流も大切にしていると伺ったんですが、例えばどういうことで
   しょう?

ロザ:例えば祭り参加したり、盆踊りとか。まあ一緒に街中行ってぶっつけ本番で、
   ちょっと盆踊りの中にまわって。そういうことも一回やりましたね。

藤重:なかなかハードル高いんじゃないですか?(少し驚いたように)

ロザ:高いんですね。

藤重:なんでできるんですか?

ロザ:だから、安心感ができたんじゃないかな。

藤重:それは、ふらっとの中での?

ロザ:そうですね。ふらっとの中でもあるし、そしてふらっとの近所の人の親切さもある
          と思うんですよね。地域がけっこう狭いもので、地域狭いとみんな知ってるんです
          よね。近所の人たちの評判だと「ああ、すごい好青年」とか、「あそこに集まって
          るんだなぁ」って。そしてうちは46%以上が高齢者なので。

藤重:地域にお住まいの方の?

ロザ:そうですよね。だから、それで逆に若者集まり場ができたって認識があって。
   自分の大家さんが(言うには)地域がひきこも援してると思うんですけども、
   いままであんまりそういう若者が集まってる場所がないから、逆に彼たちとのふれ
   あいの間にすごい元気を貰ったって。だから、結果的に彼たちがこの地域を支えて
   るんじゃないかなって。そういう話ししましたですね。
   理解ですねぇ(しみじみと)

藤重:理解。

ロザ:うん。理解と受け入れるのことですよね。

藤重:理解と受け入れ。

ロザ:そうですよね。理解と受け入れですね。

藤重:それはどうすればいいですか?

ロザ:本人のこと、本人の気持ち知っていくことがとても大事。ふらっとはそういうひき
   こもり経験者たちを講師に育てていくことを一つやっていますね。地域の人も彼た
   ちの経験からいろいろ感じることができるんですよね。そうすると、いろいろ自然
   に反省点ができてるし、そしてこれからのひきこもり予防と、若者に関してもまた
   行き詰ってる人に対してそういう包容力とか、対応の仕方も変わってんだと思
   うんですよね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      
※ロザリンさんの独特の日本語(クセがすごいんじゃ~)をできるだけそのまま文字にしたので、多少わかりずらい部分もあるかもしれませんがご容赦ください。

No comments:

Post a Comment