Tuesday, June 6, 2017

勇気を出して、相手を信じて!〜恋愛篇〜

気持ちを話さないことは
大変つらいことだね。

好きは好きって
大声で叫びたい!
恥ずかしいことを知らないではないんだ。
恥ずかしいけど、
声を届けるまでずっと叫びたい!
相手のためか、自分のためか、
わからない。
思いをかなえるまで叫びたい!

好きは好きって、
「君のことが好きだ」と聞きたい。
こういう思いは青春だね!

女の子たちはみなそうかも。
好きな人ができたら、
気分不安定になり、
いろいろ妄想したり、
パッシブにいたいが、相手に気持ちを伝えるために一生懸命に頑張る。
そして、相手のスキ嫌いを思って気持ちをがまん。

ふらっとの女子たちはいつか結婚する。
皆さんは幸せになってほしい。
私も含めてね。

だから―
相手に気持ちを正直に話してね。
長い旅は、相手を信頼して、
たくさんたくさん甘えて、甘えられて、
恋らしい恋をしよ!

気持ちは飛んでいる音符みたいに
こころの底までに届け!

お互い信じあって、
お互い勇気を出して、
お互い一歩を踏み出して、
きっと幸せになる。

片思いでも次のステップにつながりたいね。
両思いは、お互いもお互いのことを考えて進もうね。

少し好きな気持ちがあれば、
嘘かどうか、続けるかどうか、
深く考えすぎないで、
目の前にお互い支えるチャンス
手放しないてほしい。
遠くのことを考えるではなく、
今の気持ちを捕まえて、しっかり捕まえて、
次のステップが必ず開け~





ナムさん

今日はお見舞いに行きました。
事務のナムさんは入院治療。
2009年に日本に旅するたびするときはじめて会ったらしいが、
記憶になかった。
2010年の夏研修からずっとお世話になっています。
記憶のナムさんは明るくて、
できパリ、教室に頼れる存在。
突然ある日、
ナムさんは休みがち、
何をしていたか、
なんで休んでいたか、
わからなかった。
そして、病気の話を別の人から聞きました。

心配事がずっとこころの中に押し込んでいたせいか、
ナムさんは病気の治療を完了し教室に戻ったが、
今度うつになりました。

「うつはこういうもんだ~自分になることは考えられなかった。」

心配をかけたくないんだ、と本人の思いらしい。

先生は素晴らしい技術と薬は
病気をコントロールできましたが、
こころの病は進んでいた。
ずっと思ったけど、もし
病院で「当事者語る会」があれば、
治療の間に自分の病気に対して恐れや悩みを分かち合えば、
気持ちはだいぶん楽になって助かるでしょう。


この二年間は、
私ができることは
ただただ笑顔で、明るく、普通にナムさんと接すること。


2か月前、
病気の再発で、
再び入院のことになった。

ただ、
今回は私に正直に話をしてくれた。
そして、お見舞いを許してくれました。
少しでもナムさんの力をなれるかもと思えば、
やりがいができた。


ナムさんは目を覚て私の顔を見た瞬間、
「ああ~」と両手を上げ、
ちょびっと昔のナムさんに戻った気がする。(^^)


「迷惑をかけてごめんね。」
「心配をかけて、迷惑でしょう。」

お互い様じゃないかなあ。


場所を変わって夜眠れない話、
治療の話、薬の話、教室の話、仕事の話、
病棟は夜九時に消灯すること。
久しぶりにナムさんの笑顔。


「ありがとうね。」

いいえ、また来るね!

ナムさんはリフトまで送ってくれました。
さよなら。
頑張ってね!
待ってますよ~
元気になったら、一緒にケーキを食べに行きたいなあ。